無料ブログはココログ

2013年6月14日 (金)

お気に入りの個体。

今日、全ての添加剤が届きました。

明日は菌糸ブロック20ブロックが届きます。

明日中に全て詰めたい所ですが、どうなるでしょうか。。。

Dscf5818_6 Dscf5824 Dscf5827

体長72ミリ

顎幅6.5ミリ

顎厚5.2ミリ~

超逆三で胸がモリモリ!

羽パカで頭下がりが、マイナス点。。。

来シーズンはこの個体で75ミリupを狙います!





2013年6月 7日 (金)

下準備、

今シーズンの菌糸詰めに向け、少しづつ下準備に入りました。

まずは、使用菌糸の下調べを済ませました。

今期、1~2本は1メーカーで行く予定です。

今年は添加剤にも、かなり拘りました。

使用する品は、ごく一般的な物ですが。。。少し拘りました。

4品の添加物で1ブロックに対して初回、35gと40gを制作予定。

この辺が今年飼育の楽しみな所です。

それから、噂の液体も購入!

Dscf5722

毎年、アルコールでボトル消毒をしていましたが、今年はこちらを使用してみようと

思っています。

詰め作業が、作れないのが問題。。。

最低でも20日までには約80本は詰めたい所です。

2013年5月29日 (水)

産卵ケース

25日から産卵SETを組み始めました。

今年は産卵ケースを新しく変更しました。

Dscf5179 Dscf5184

一部の大型飼育者も使用の100均、産卵ケースです。

今回は20個を購入。

今まで、10日前後で材を交換していましたが、これからはケースごと交換します。

ケースで保管出来ますので、割出が多少遅れても安心ですし、完全に卵から孵化したものを取り出せそうです。

Dscf5191

1本SET派の私には丁度良いサイズです。

保管場所も無いですし20ケースで回せると良いのですが、どうでしょうか。。。

Dscf8692 Dscf5357

       【PCQ/69】                       【PCQ69/T4R】

昨日、また良いので羽化出来ました^^

蛹の時はそんなに良くは見えなかったのですが。。。

羽が閉じましたので一安心です。

2013年5月23日 (木)

再計測、

完全に固まったので、再計測。

Dscf5095 

      【PCQ69/T4R】

左顎で7.11ミリ、右で7ミリ丁度位です。

Dscf8697

       【PCQ/69】

上記は初代プラチナ、顎幅、顎厚は初代に勝りましたが、体長、頭幅、そして風格は超えられません。

Dscf5087

親分も落ち着いて来ました。

こちらも再計測。

顎厚は5.5ミリには少し足りませんでしたが、顎の幅は6.9ミリありました。

ガスボンベを背負い込んだ様な顎です。

来シーズンが楽しみです。

2013年5月 8日 (水)

中々です。

1の2のメイン血統。

Qとは違う迫力。

顎幅6,7ミリ後半、顎厚5、5ミリ

Dscf4471 Dscf4472  Dscf4476

蛹室がカサカサに乾燥してしまい、半分崩れてしまっていたのが原因で羽パカになってしまいました。

他に顎6.6ミリオーバーがいますが、この個体で来年いければ良いのですが。。。

来期からのブリードがシンプルで絞り所がしっかりした分、非常に楽しみです。

今シーズンの羽化個体の数々は正直、失敗と言うより、血統及びラインにより

自分が追い求める数値の限界が、出ているのかもしれません。。。。

Qも親分もまだまだ潜在能力は有りそうです!

その前に今シーズンを失敗しない様にしないと。。。

2013年4月28日 (日)

PCQ/T4R.メス

プラチナQ戻し交配のメス。

Dscf4291

        【PCQ69/T4R】

見た目の迫力に、頭&顎とメス最高レベルです。

来期使用のPCQ711とのブリード予定。

Dscf4280

メス、オス共に羽化ラッシュです。

2013年4月14日 (日)

親越え。

再計測した所、何とか親越です。

Dscf4008 Dscf4014

来季の主軸になるでしょう!

後続個体も楽しみです。

Dscf4017

長歯なので気にしていなかった顎厚も5.2ミリ以上です。

2013年4月 3日 (水)

絞り込み。。。

少しずつ、ブリード準備をしています。

温室内に使用個体を移動しエサを与え始めました。

今期もイン、アウト、クロスと沢山、考えていましたが、今年の羽化個体によっては大きく絞り込もうと考えています。

今年、結果が良くない血統&ラインは勿論ですが、良いラインに重点を置く為、さらに篩に掛けようと考えています。

良い所から確実に多くの良い個体を作出し、毎年それを積み重ねる。。。

ごく普通の事です(汗)

よほどの事がない限り今後の導入もないでしょう。。。

Dscf3737 Dscf3766
          【PCQ69/T4R

前回の蛹が羽化しました、たぶん種に使用なので載せます。

チャベスQ(PCQ69)の戻し交配になる個体です。

現在7ミリupの親越えですが、締まってどうなるでしょうか。。。

羽パカの雰囲気と良い親そっくりです。

1の2血統は良いですね^^

2013年3月28日 (木)

良し悪し。。。

期待の蛹が無事に羽化しました。

約10日経過で現在、体長79ミリ、あたま28ミリ後半、顎幅6.7ミリくらい。

中々ゴツクて格好良いです♪

今期の♂も各ライン、大体蛹化しました。

各オス蛹を確認した所、明らかに外部から入れたメスからの蛹が酷い状況。

まぁ。。。飼育環境と相性が合わなかったと言ってしまえばそれまでですが。。。

一つ言える事は何処から来ても、価格がどうであれ、虫は虫だという事。。。

振り回されずクールに判断する必要がある様です。

まぁ数が数だけにダメージが大きいですが、これも経験の積み重ねですかね。。。

今期ブリードはオスもメスも自分の所で結果が出た個体のみの使用になりますので

ハズレは少ないと思います。

まぁこれも相性がありますか??

Dscf3715

しょぼい感じに見えますが中々の蛹です。

2013年3月19日 (火)

植菌材、順調。

植菌したカワラ材が良い感じに仕上がっています。

Dscf3487 Dscf3489

6月頃からの使用を考えていますが、菌糸が強いので中の材が緩くなってしまうのが心配です。

Dscf3490

       【Joker/001】

根本から太く出て、先に行くにつれ、また太くなる変わった形状。

痩せないで羽化すれば面白そうです。

«そろそろ羽化